■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 桶、浮いてますよね。 | main | 苦痛コレクション 33 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
またしてもこねないパン
  弱い。。。
  粉をこねずにパンが焼ける!
  …だもん。

 またまんまと同じ出版社の術中に
 ハマっている私。
 
 入れ食いでかかる魚かっ。




これがこのあいだ初めてトライした『基本のパン』。
強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを量って(グラムではなく、
全部計量カップとスプーンだから手軽!)全部ボウルに入れて混ぜ、水を
加えてざっくり混ぜるだけで、ラップを掛けて12〜15時間放置(一次発酵)。

鍋にオーブンペーパーを敷き、グラハム粉を振った上に一次発酵させた生地
を移して、また2〜3時間放置(二次発酵)。

グラハム粉を上からも振って、オーブン(230度)で蓋をして30分、
蓋を取って15分焼いたら出来上がり。

この方法、手間は掛からないかわりに時間がヤタラ掛かる。

この時は朝に仕込んだため、焼き上がりが夜中になってしまい、
食べ時をハズしてしまって翌朝食べたので、『ナ〜ンカ、こんなモン?』
ってくらいの味で、大変残念な結果に。。。

========================================

で、本日は第二弾『チョコチップパン』を焼きました。
前回のザンネンを踏まえて、昨晩は夜中の12時に仕込んでおいたのですよ。
ふっふっふっ。


二次発酵後、チョコチップをのせる前。


焼き上がり!

切ったところ。

今回は焼き時間を微調整したのと、ココアとチョコチップに助けられて
味をごまかせたので、前のより美味しく焼けましたー!


 『お、これは使える!』とひらめい
 たのが、この”リス用のペットヒーター”。
 (剥き出しになっているコードが
  リアルでしょ☆)
 
 一次発酵、二次発酵とも、この上に
 ボウルや鍋を置いてじんわ〜り一定に
 温められるので重宝です。

 


| 『食物探求隊』 | 18:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:11 | - | - |
コメント
時間がかかるパンって、焼き上がり時間を計算しないと
エライ目に遭いますもんね(涙
美味しそうに焼きあがってますね♪
ペットヒーター、この肌寒い時期には発酵にちょうど良さそう。
ペットもいないのに欲しくなっちゃった。
| たぬきち | 2010/04/10 8:23 PM |
■たぬきちサン

ちゃんと逆算して仕込まないと、出掛けられないわ、焼き上がっても食べられないわで、悲しい結末になってしまうのですね。。。

シロウトの難しさは、一定の条件下で作業ができないということですね。
かなり前、天然酵母を育ててパンを作ることにハマっていた時、血迷って
『ホイロ欲しぃぃぃぃ!』とか思っていたことがあったんですけど、
場所も取るし、何しろ高すぎますよね。

この本には『20〜40℃、冬場は電気カーペットの上やコタツの中…』って
書かれているんですが、北海道ではそういった暖房器具がない家も多いじゃないですかー。(それってウチですけど。)

ペットヒーター、片面が高温(35〜40℃位)で、もう片面が低温(25〜30℃位)になっていて、ちょうどお誂え向きなんですよ〜☆
転用するっていうか、どうして今まで『パン発酵用保温マット』が商品化されていなかったんだろう??と逆に不思議に思ったくらいです。
消費電力も少ないし、場所も取らないし、アリだと思いまーす!
| kakako | 2010/04/10 9:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック