■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< ダイスキな絵のカレンダー | main | WMFからワンダーシェフへ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
苦痛コンサート with inoサン
開けてはならない扉を開いてしまったかもしれません。

大人しく苦痛チケットの収集だけをしてればイイものを、遂に好きでも
なんでもないコンサートに潜入し、馴染めない異空間に自分の身を置いて
みる…というM的な試みを決行してしまいました(爆)

タダチケットを入手したとはいえ、アチラコチラに失礼で、バチ当たりな
行為なんで最初に謝っておきます。スミマセン。
今回は、目的が井上芳雄さま(よちお王子)オンリーだとおっしゃる
inoサンの付き人ということで許して下さい。

 
タダ券を窓口で座席指定券に引き換えたら、赤線を引かれたチケットを
渡されました。
これがタダ見のヒトの証。(笑)
でも結構いましたよ、赤線仲間。


ご覧の通りのテーマでして、投稿形式って言うんでしょうか、
『○○県、○歳、○○さんからのラブレターです。』から入り、
アナウンサーのお二人がひとしきり心を揺さぶるラブレターを朗読を
した後、歌い手のお二人が交代で、またデュエットで歌を披露するという
コンサートでした。


ところで、昨日は五輪フィギュア男子のフリーだったじゃないですか。
出掛ける直前まで、カレーを作りながらチラチラ振り返って見てまして、
私ったら『トリプルサルコウ』って技の名前を聞くたびに、こんな画↓

(トリプルツルコウ)

が頭に浮かんできてしまって、我ながら『クダラナっ!』っと思っていた
んですが、コンサート会場でも『○○県、○歳……』から入られると、
ついつい上の画が浮かんでしまい、感動も何もあったもんじゃなくなって
保険で2枚も持って行ったハンカチも全く出る幕ナシで終了しました。
(あー良かった。)
そんなふざけた脳内で鑑賞していた私が批評するのもナンでございますが、
王子、歌ウマ過ぎっ。


お隣が、妙齢なご婦人特有のフローラル系香水マダムで、鼻がバカに
なるまで(公演の半分ぐらい)の間、気になって仕方がなかったのですが、
そんなマダム達をうっとりさせている会場の雰囲気とキッツイ匂い込みで
このコンサート鑑賞って感じがしました。
あと、前の席で靴脱いで寛ぎまくっているマダムもいたし(笑)


そんな中、 inoサンは、本当によちお王子を堪能できたでしょうか?
私はタダチケットを横流ししただけだというのに、 inoサンからは
素敵すぎるカレンダーと、

 
 1日1個が限界という噂の濃厚ガトーショコラ「横濱煉瓦」と、
私の大好きな旭川の銘菓「あずチャンかぼチャン」(家族の分まで…
スミマセン笑。)頂きました。
ホント、頂く一方でスミマセンでしたー!
ありがとうございます。

今度はできたら我らがアキラかキヨヒコのレヴューで、またご一緒
したいですね!(笑)
| 『苦痛コレクション』 | 18:02 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:02 | - | - |
コメント
ご実践(?)お疲れさまでした。ラブレター朗読でしたかぁ。確かに聞いてて辛そう・・・。来る人の目的もかなりの振幅があったものとお察しします。
| 竹中アシュ | 2010/02/20 6:40 PM |
1億人が選ぶ何とかの歌!みたいな形式なのかしら?
とにかくすごい所に潜入なさいましたねー!
しかし、この手の割引券、スーパーに良く置いてありますが
本当に定価でチケット購入している人っているのかしら。
| たぬきち | 2010/02/20 8:58 PM |
■竹中アシュサン

わはは、体感して参りましたよ〜。
どんな違和感も自業自得、自己責任なわけですからね(笑)
全部私のせいなんです。。。
「ラブレター」と言われていますが、大枠での人の出逢いと別れ(生死)
に関わる実話告白大会の優秀作品発表って感じでした。

アシュサンに少しだけ実のあるお話をするとすればですね、会場が「札幌コンサートホールKitara(キタラ)」というところの大ホールで、私初めてだったんですが、素晴らしく良い建物でした。
音の響き方も良いし、席が3階だったんですけど、目の前にライティングの装置が見えて『へぇ、コレで下にあんな風に〜』とか、今回ハードな部分に感心して見てましたー。

| kakako | 2010/02/21 10:34 AM |
■たぬきちサン

何に挑戦しようとしているんでしょうね、私(笑)
だいたい想像出来ていたとはいえ、濃厚マダム密度、本当に高かったです。
男性は5%ぐらいでしょうか。ほとんどが5〜60台の女性。
きみまろファンと丸カブりなのかもしれません。

歌は、ほとんどこのコンサートのための書き下ろし(?)のようで、昨年亡くなった三木たかしさんの曲ばかりだったので、全部同じ曲調で、はっきり言って飽きました(爆)
一番耳に残ったのは、王子が歌った『瑠璃色の地球』でした。

ステージかぶりつきのお席は、ちゃんと正規価格の7,000円で購入されている気合いの入った方達なんでしょうね〜。
誰の何がドンダケ好きなのか、私には知る由もありませんが、余計なお世話ですよね(笑)
| kakako | 2010/02/21 10:54 AM |
体調が万全ではない中、お付き合いいただきありがとうございましたー。

タダ見の証、笑っちゃいましたね。
何もそんな全力で赤線引かんでもっていう(笑)

「ツルコウでおまー」
kakakoさんったらそんなこと考えながらだったんですか。。
どうりで、しょっぱな徳サンがラブレターの投稿者の名前読み上げた瞬間、隣で吹き出してたわけだ。。
kakakoさん、笑ってましたよね? 笑

泣かせのプロが読み上げ、照明も雰囲気たっぷり、その中で「さぁ、私たちの歌聞いて下さい」って言っても、泣けないものなんですね。
舞台が整い過ぎているのかもしれない。
逆に車の中で偶然聞いてたラジオ番組のどうでもいい話に
泣く気もないのに涙したり。そんなもんですよね。笑

私は、瑠璃色の地球、スティービー・ワンダーの曲
九ちゃんの曲が印象に残りました。
って全部よちお(爆)

全神経をよちおに集中してたから、そりゃ徳サンの話も入ってこない訳だ。。
ど真ん中でベストポジションでしたね。
本当にありがとうございました。笑
札幌にもよちおラブなライバルがいることも確認できたし
有意義な一日でした。笑
| ino | 2010/02/21 8:50 PM |
■inoサン

いえいえ、inoサンこそ、寒い中遠い道のりをお越し頂き、大変お疲れ様でございました!
帰りが遅くなって、やっぱりお腹すきましたでしょ(笑)


>タダ見の証、笑っちゃいましたね。

チケットもぎり後、CD渡される場所で『まっすぐお進み下さい』ってナチュラルに言われましたよ。赤線だと見間違わないモンですね(笑)


>kakakoさん、笑ってましたよね? 笑

くっ…完全にバレていましたか…(笑)
inoサンのよちお鑑賞のジャマになってはイカン!と思って堪えていたんですけど、毎回『○○県〜』で始まるたびに、ツルコウ×3と欽ドンの時の欽ちゃんが交互に頭に浮かんでしまって、私を苦しめていたんです…(笑)
もうちょっとで笑いを堪えるための別種類の涙が出るところでしたー。

>逆に車の中で偶然聞いてたラジオ番組のどうでもいい話に
泣く気もないのに涙したり。そんなもんですよね。笑

そうかもしれませんねェ。
小学生の頃、朝『行って来きまーす!』って登校しようと思ったら、母と祖母と叔母が揃ってNHKの朝ドラ見ながら涙ぐんでいるんですよ。それもお味噌汁とかすすりながら。『なぬっ!?』と思いましたね、人生の機微が分からん小学生なんで。

今回のコンサートでも、どのエピソードも自分に投影できず、ツルコウで吹いているようじゃね。人生勉強が足りない小学生並みのふざけた人間なんだわ〜とチョット反省しました。。。

>って全部よちお(爆)

そして三木先生の曲以外の(笑)
「ステイ・ゴールド」と「見上げてごらん夜の星を」でしたか。
それもよかった、グっときましたネ。
もっといろんな名曲を聴きたかったですよね、…って私達、お会いしている間もクミコさんについてひとっ言も語ってませんよね(笑)
別にイイですよね。

>札幌にもよちおラブなライバルがいることも確認できたし
有意義な一日でした。笑

あちらこちらで王子の次回のコンサート情報が語られてましたよね〜。
アツい方、inoサンだけじゃなかったんだ(笑)

別世界も貴重な体験だったけれど、私にとっては、あの日はinoサンとの久々の再会の方がメインだったので、会場入りした時にはほとんど思いを遂げてしまって、気が緩んだ状態でした(爆)
ご一緒できてとても楽しかったです☆ ありがとうございました!


| kakako | 2010/02/22 6:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック