■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 苦痛コレクション 23 | main | 紫陽花と今日の大通 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
苦痛コレクション 24
いつもの苦痛チケットとは違い、今回はB5サイズの
ウメトミーの新聞チラシです。


今朝、新聞の間からヌッと出てきて、起き抜けで
心の準備が全く出来ていなかった私に、強烈ビームを
送ってきました。


朝っぱらから、特濃っ!
| 『苦痛コレクション』 | 17:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - |
コメント
私は演技中の村主章枝が大変好きなのですが、それは顔が好きなのです。同じふんいきを梅沢富美男の女形に感じておりましたが(ザベストテンなどで踊っていたときの記憶)、この正面の写真、年月というのはザンコクな…などと大げさな気分にさせられます。いやむしろ時がかもし出す女のコク?みたいなものを見せつけているということなのだろーかとも今思いました。でも、うっかり小梅太夫の姿が脳裏に浮かび、即座にいやそれはちょっと、と否定しました。浮かぶ?よぎる? 調べずに書く。今度調べます。
| とく | 2009/07/23 10:23 PM |
■とくサン

村主さん、ご自分で自覚されているかどうかは分りませんが、あの表情は、すでにフィギュアスケートの演技を越えているところがありますね。

もうスキとかキライとか関係ないところの、”情”を揺り動かされるんでしょうか。魂を持ってかれるみたいな。そういうアレヨアレヨな現象を、このチラシは『一度観たらハマッてしまう!』と言っているんでしょうね。

近年のウメトミー、全盛期のフェロモンよりは薄まっていることは否めませんが、チラシの写真の後ろにモヤモヤ〜っと描かれているような妖気?匂い?は、きっと濃度を増しているんじゃないかしら。

写真右の2ショット。チョイとだけ下唇を出して甘えるような表情の娘と「まんざらでも…」と流し目をおくる若旦那。
ひと皮剥いたら、初老の兄弟ですからね。もう、ハマるのがコワイ!
| kakako | 2009/07/24 10:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック