■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 夫がタツローになる日 | main | 速報 ナンじゃこのチラシは! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コロタマな一日(追加映像アリ)
昨日、大丸藤井セントラルで行われていた『まほうの絵ふで×押忍!手芸部展』のアートイベントに息子その2と共に参加して参りました。
情報の入手先は、lykkeサンのコチラの記事です。
(ありがとうございまーす☆)



さて、どんなアートだったかといいますと、見たままのコレ↑。
卵を作ってきました。(本名『石膏コロタマ』)

映像の中央に比較のためアボカドを置いてみましたが、卵のバカデカさがお分り頂けたでしょうか?(笑)

作り方を明かしてしまうと『ナ〜ンダァ。』って感じなんですけど書いてみますネ。

===================
1 水に溶いた石膏を500mlペットボトルに半分弱入れます。

2 ボトルの口にゴム風船を付けて逆さにし、ブシュッ=3っと押して中に石膏を全部入れ、風船の口をしばります。

3 ゆっくり優しく風船を8の字を描くように回転させて、風船の内側に均等に石膏がつくように動かし続けます。

4 トロンとしていた中の石膏が、ある瞬間を境に温かくなって、張りを手に感じたら、それが固まり始めの合図。優しく動かし続けます。

5 完全に内側でカチンと固まった感じになったら、厚紙を輪にしたもの(直径10cm、高さ2cmくらい)を台にして、その上でしばらく休ませます。

6 冷たく感じるようになったら、もうしっかり固まっています。
  最後のココが一番緊張する瞬間☆
  しばった風船の口をはさみで切って、中の卵を取り出します。
===================

 卵に薄いところやヒビが入っていたりすると、風船が割れて縮まろうとする力に耐えらず、一部が欠けたり、ヒドい時には跡形もなく割れてしまうんデス。

一連の作業は単純ですが、それか意外と難しいんですよ〜。特に子供にはね。
型になる風船自体が柔らかいものじゃないですか。固まる!って反応が来た時が勝負なんですけど、その時に指で押し込んだり、形を歪めたり、まんべんなく回転が出来ていないと失敗しちゃうんですねぇ。 

どこにも割れがなく完全な卵型で出来上がったのって、私と、同じテーブルで作業したお母さんの2個くらいでしたもの。(えへん!笑)
だけど割れてる息子2の作品の方が、より卵の殻らしく見えません?





展示されている作品も明るく楽しくファンキーなものばかり♪
コチラのアートスクールをもっと早く知っていたら、息子を何とかダマクラかして潜り込ませてたんだけどなぁ〜。(笑)

帰りは、卵を透明のレジ袋に入れてもらって、恐る恐る地下鉄に乗りました。
その道すがら、すれ違う人に激見される、される。(笑)

そんなハラハラドキドキジロジロの、刺激的な冬休み最終日でした☆

=======
<追加映像>

ydrサン、卵の頭頂部(?)はコンナ感じデス。
臨月の妊婦サンのおヘソみたいですね。(笑)

| 『その2氏のイッツ芸術』 | 16:42 | comments(12) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:42 | - | - |
コメント
すごい楽しそう!
そしてデカイっ
押忍!手芸部。というアート集団がいたなんて全然知りませんでした。
しかも男性ばっかりなんだー。
常にやっている訳ではないのかしら?

石膏の扱いって難しいですよね。
さすが、器用なkakakoさん!
その2君のタマゴも恐竜が生まれちゃったヨ。みたいな感じで可愛いし♪

それにしてもキレイな形だー。
触りたい(笑)
| ino | 2008/01/21 6:06 PM |
おぉ〜〜、美しい!
お見事ですーー。

そっかー、石膏を風船の中に入れるんですね。
なぜか勝手に、外側にかけて作るもんだと思い込んでました。
なるほど、それでこんなに滑らかになるんですねぇ。
思わず頬ずりしたくなりそうです。

・・にしても、このサイズ。
我が家では置き場所に困りそうだな〜とは思いましたが、持ち運びの苦労にまでは考えが及ばなかったなぁ。
しかも透明なレジ袋ってあたりがまたすごい。
やるなぁ〜、まほうのえふで。
| lykke | 2008/01/21 9:52 PM |
私も触りた〜い!
割れ方もいい感じですね。
結び目(風船の口)付近の画像が見てみたいなぁ。
| ydr | 2008/01/22 4:31 AM |
押忍!手芸部、年末に新聞でみた気がする。
たしか靴下でネズミのかぶりものつくって年賀状作ってた。
いやしかしこのタマゴ、でっかいなぁ!!!!!
エッグアートみたいに色つけてみても楽しそう♪
| ピヨ。 | 2008/01/22 2:14 PM |
へええええ〜。
自分で作ることができるんですね、コレ♪
割ってしまいたい衝動はなかったですか〜?
| 竹中アシュ | 2008/01/22 7:36 PM |
■inoサン

デカ過ぎでしょ。
置く場所がなくて、とりあえず今、私が打ってるキーボードの横にあるんだけど、ジャマでジャマで…(笑)

>押忍!手芸部。

私も全然知らなかった。
本も出しているくらいだから、結構有名なのかもしれませんね。
男性の手芸家でも、体育会系で、『ニットの貴公子』とは真逆からのアプローチなのね。(笑)

>石膏の扱いって難しいですよね。

小学生の時、学習雑誌の付録でモーツァルトのレリーフ作った以来かな、石膏の素を見たのは。
固まる前に温かくなることは、すっかり忘れてました。

あんまり上手に出来たもんで、
『アノ親子、一体ナニモノ!?』って先生達に笑われてましたよ。
エプロン持ってないから、私、inoサンとオッソロ〜のコレだし。(爆)

http://skylark.img.jugem.jp/20080125_469503.jpg
| kakako | 2008/01/25 5:52 AM |
■lykkeサン

情報をありがとうございましたー!
行ってみてホントに良かったです。

私も行く前は、”チョコバナナ”のチョコレートみたいに外側にコーティングするもんだとばかり思っていて、『じゃ、風船はどうやって取り出すんだっ。』と自分にツッこんでいました。

種あかしされると、ナンのことはないんですけれど、コレぞまさしく、コロンブスの卵の発想ですね。
縛り口の下以外はスベッスベ☆です。

>しかも透明なレジ袋ってあたりがまたすごい。
やるなぁ〜、まほうのえふで。

正確には半透明でしたけど、二人並ぶと危険物&危険人物感が2倍らしく、ビックリマナコで見られましたよ。

帰り道、息子その2に『どう、やってみない?』と潜入を薦めてみたら、あっさり『いや、いい。』って言われたんですが、2日ほど経って、『行ってみる。』ということになりまして、早速体験入会のお願いをしました☆
小学生もあと残り一年ほどなので、その間こういうのもイイかなぁと。
| kakako | 2008/01/25 6:19 AM |
■ydrサン

一足先に映像の方をUPしておきましたが、ご確認頂けましたでしょうか?

縛り口の痕はどうしても避けられないので、完全形より上が割れたものの方がより卵らしく見えるのかもしれませんね。
紙ヤスリをかけたら、痕は消せるかも。
| kakako | 2008/01/25 6:25 AM |
■ピヨ。サン

おぉ、やはりミヤコでは話題の集団なのですナ。
イケメンという評判ですが、私は未確認。

>エッグアートみたいに色つけてみても楽しそう♪

製作中に『石膏は色を吸収する素材だから、色付けで来ないんですよ。』みたいな先生の説明を小耳に挟みました。

でもきっと、先にフィキサチーフとかサフェイサーの透明スプレーとか、何かでコーティングすれば、色は乗せられるんじゃないかなぁ。
だって、美術室にある石膏像ってイタズラ描きされてるもんね。(笑)
| kakako | 2008/01/25 6:36 AM |
■竹中アシュサン

自分で出来ましたよ♪
また作ってみたくて、思わず石膏の素も買って来ちゃいました。
1キロ300円ちょっとで、意外と安かったです。
沢山作って、アチョー!って次々割っていくのも爽快かもしれませんね。(笑)
| kakako | 2008/01/25 6:42 AM |
画像アップありがとうございます!
臨月な卵。これはこれで、可愛いですね(笑)
| ydr | 2008/01/26 8:40 PM |
■ydrサン

どういたしまして。
今にも生まれそうな卵、気に入っていただけましたか。
| kakako | 2008/01/28 6:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック