■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< センパイの文化 | main | 京都国立博物館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三十三間堂
二十年前の修学旅行、班単位で回る自由行動で、清水寺まで来ておきながら、ナゼ三十三間堂をコースに入れなかったんだ…と今更ながら悔やんだ。
あの時コレを見ていたら、私の美意識ももっとまともになっていたのではないか。

それくらい圧倒的に美しく、素晴らしかった。


今回の旅写真は全部正方形で撮ることに決めていたので、『ちょ〜っとコレ、収まんないヨー!」と文句をつけたくなった横長(南北120m)の御堂の中央には、大きな金色の千手観音座像、そして1000体の立像がズラーリと並び、見る者全てを圧倒し、魅了ていた。




その千手観音さん達をスクールメイツ扱いするかの如く、最前列に陣取った個性豊かな面々(さながらNHK歌謡コンサートのラストに勢揃いした大御所、サブちゃん、アキちゃん、シンイチくん達とでも言いましょうか。←ヨワッ)、『風神雷神&二十八部衆』の迫力は、もう圧巻としか言いようがなかった。

『これらは清水寺にもありますが、遠〜い暗〜い所に安置されておりますので、こんな目の前で見られるのはココだけなんですよ。ほら、足の指が3本なのもよーく分かるでしょう。』とガイドのオジさん(多分観光バスの人)が、流暢な英語で丁寧に解説していたのを小耳に挟み、ナールナールと納得。

仏像鑑賞なら、ここ星三つですっ!(マチャアキ)
| 非日常『盛夏 大阪・京都の旅』 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
圧巻でしたでしょ〜。
三十三間堂はお気に入りコースですよ。
でも、初めて訪れたのは14の時だったけれど
美意識はまともになりませんでしたのでご安心を(笑)

しかし、強烈な思い出が。
その修学旅行の時、隣のクラスの男子が観音立像のお賽銭(っていうの?)をポケっとに入れるという罰当たりな事をしたんですよ(笑)
さすが、これだけの仏に見守られてるだけあります。
すぐに見つかりまして(爆)
担任と生徒が正座させられ、風神・雷神ばりの鬼の形相で住職に怒られたんです。
そんな鬼の様な住職も『新幹線の時間は何時だ?』と担任に聞き、時間を逆算し説教を続けたのでした。

なんか大人の事情を垣間みたというか、人事なのか妙に冷静に見つめていた自分が恐かったです(笑)

そんなトラウマがあったので、二度目に訪れる時はちと緊張しました。。
| ino | 2007/08/27 4:45 PM |
カッコイイですよね、コレ。
ここからは近いので何度となく行ってますが
やはり圧倒されて帰ってきます。
| 竹ア | 2007/08/28 3:07 PM |
■inoサン

本州の人は中学の修学旅行で京都ですもんねー。
道産子は青森止まりですよ、いまだに。(笑)

>でも、初めて訪れたのは14の時だったけれど
美意識はまともになりませんでしたのでご安心を(笑)

じゃ、見ていなかったとしたら、今以下だったかも…って考えると、
どう?(笑)

>その修学旅行の時、隣のクラスの男子が観音立像のお賽銭(っていうの?)をポケっとに入れるという罰当たりな事をしたんですよ(笑)

えーーっ!! ナンってことでしょう。
あの沢山の目に見つめられて、出来ないですよ、フツウ。

>そんな鬼の様な住職も『新幹線の時間は何時だ?』と担任に聞き、時間を逆算し説教を続けたのでした。

盗まれそうになった額と、請求されるかもしれない人数分の新幹線代を秤にかけての配慮ですかね。(笑)
こっぴどく叱られた男子は、多分生涯三十三間堂には近づくことはナイでしょうね。
| kakako | 2007/08/29 4:35 PM |
■竹アサン

実は今回大阪城にするか、名古屋城にするか、もしくは2つをハシゴするか、最後まで迷ったんですよ〜。
いつか名古屋にも行ってみたいと思います。

京都は、そうとう頑張れば日帰りできる出来る距離ですよね?
(北海道基準なんで、間違ってたらスミマセン)
イイなぁ〜。

三十三間堂は、エネルギーの強さと整然とした静けさ、その動と静のバランスが素晴らしく、そこがスゴく日本的で、見飽きることのないところだなぁと思いました。
| kakako | 2007/08/29 5:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック