■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 通天閣 | main | 鹿苑寺 金閣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
道頓堀
もう道頓堀でたこ焼きかお好み焼きを食べなきゃならない時間だ!
そうだ、コレは大阪に足を踏み入れた者の義務と言ってもイイ。




もう何にどうやって乗ったかは忘れた。(←腹ペコの為ナゲヤリ)とにかく難波に着き、松竹座の前で翼クン目当ての目がハートになっている女子達の向こうに世界陸上バージョンに着替えたカニを発見した。

カニの向かいの道頓堀極楽商店街に入り、自分で焼くたこ焼き屋さんで、多分20年振りにたこ焼きを焼いて食べた。
あまり上手に出来なくても、 アツアツの出来立てたこ焼きとギン冷えのモルツは最高に美味しかった。

大阪の夜、サイコー!








| 非日常『盛夏 大阪・京都の旅』 | 00:00 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
>もう道頓堀でたこ焼きかお好み焼きを食べなきゃならない時間だ!

おっと。
もうそんな時間かっ(笑)

あ。
づぼらやだ〜。
冬だったらフグをお勧めしたんだけど〜。
前に大晦日に大阪へ行った際、づぼらやに潜入しましたが、
ビックリしたんですよ〜。
大阪のセンパイ風な方々もお客としていたんですよ〜。
一年の最後の日は贅沢したのかもだけど、大衆魚なだけあるな〜と思いました。

自分でたこ焼きできるんだ〜。
息子クン達も楽しかったでしょうね〜。
| ino | 2007/08/17 1:48 AM |
■inoサン

>おっと。
もうそんな時間かっ(笑)

ハラ時計が、もう限界を告げてました…(笑)

>づぼらやだ〜。
冬だったらフグをお勧めしたんだけど〜。

フグも食べてみたかったんだけど、夏だし行灯だけでガマンしました…
フグ行灯といえば、カニ道楽とくいだおれ人形の3つまでは映像ゲットできましたが、道頓堀の四天王(?)の一人、グリコ選手をカメラに収めることが出来なくて残念!
最終日のお昼頃、別行動を取った夫が撮っておいてくれていれば、ビンゴ!なんですけどね。(←まだ未確認)

>自分でたこ焼きできるんだ〜。

うん、コレはとてもイベント性があって楽しかった〜!
あと、駄菓子屋とか、スマートボールとか、射的とか出来るところもあって、子供はコンパクトに楽しんだみたい。
| kakako | 2007/08/17 11:54 AM |
あー、黒門市場は行きましたか?
お薦めするのを忘れてました。
| LSTY | 2007/08/17 12:38 PM |
■LSTYサン

もぅ、早く教えてくれないとー!(笑)
いぇね、今回3泊4日で十分時間があると思って出掛けましたが、
行きたかったところ、半分くらいしかまわれなかったから、
聞いていても行けなかったと思います。。

初日の晩ダウンしたお陰で、宿近くにあった常夜灯(曾根崎店)
にも行きそびれたし、上方浮世絵館も時間切れタイムアウト
でした…(泣)
| kakako | 2007/08/17 12:57 PM |
タムラのピーナッツ、かわいい〜。
ランニングシャツ着たカニは笑っちゃいました。
『スッポン太郎』っていうのもいるんですよ。
私、極楽商店街まだ行った事がありません。
| エミ豆 | 2007/08/18 1:46 AM |
■エミ豆サン

>タムラのピーナッツ、かわいい〜。

これ、ソチラではポピュラーなのかしら?
グリコの『一粒300メートル』にちょっと似たコピーも、絵も、ロゴも
年代モノなんでしょうね。

>『スッポン太郎』っていうのもいるんですよ。

ゲッ☆ 四天王で完成だと思っていた私がバカだったのですね。
…不覚。 こんな裏ボスが存在していたなんて…

コ、コイツですねー。↓
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~kitada/doc/osaka4s.htm

濃ぃ〜!濃すぎる〜!!(爆)

>私、極楽商店街まだ行った事がありません。

観光客向けのフードテーマパークだから、敢えて地元の人は行く機会がナイでしょうね。
こういうの小樽にもありますけど、私も行きませんもの。

たこ焼きを自宅で焼くということは普段あり得ないので(エミ豆サンは日常ですか?笑)、それが体験出来て楽しかったです。

| kakako | 2007/08/18 8:56 AM |
結局、全部にコメント入れてスミマセン。
気が付けばすごい時間になってます。
なんだか夢中で見てしまいました。
kakakoさんがこちらに来られるのに気付かず
知ってたらいろいろお薦めできたのに〜!って、
言いたいところですが、じつはそんなことはないのです〜。
私もほとんど実家か、梅田のトール素材の卸屋さん直行で、
最近の大阪の事はわからずで、逆に私のほうが勉強になりました。
去年、道頓堀界隈を歩いた時、随分雰囲気が変わっているのに驚きました。
街全体がテーマパークみたいな。
大きな通りは大資本のお店のど派手な装飾のビルが建ち、
これでも前はもうちょっとガラが良かった様に思えます。
昔ながらのカニやくいだおれなどはそれなりの秩序があると思うのですが。
それでも一歩細い道に入ればまだ風情の残っているところはあるのでしょうか。
あのど派手な部分だけ見て大阪だと思われるのは嫌だな〜、
と思うので、本当にkakakoさんのように
大阪の良いところを見て頂けてすごく嬉しいです。
と、いいつつも、ミナミはやっぱり活気があって、
歩いているだけでウキウキしてきます、それは認めますっ!
ところで、「タムラのピーナッツ」知りませんでした。
本当にこういうかわいいものを見つけるのがお上手な!

長くなってすみません。
| 風遊子 | 2007/08/19 4:34 AM |
■風遊子サン

私の大阪レポートにたっぷ〜り付き合って頂き、ありがとうございましたー☆

旅行者の貪欲な視点から見える『ザ・大阪』的な表情と、生活者が日々見ている大阪のそれは、全く別物なのでしょうね。

>去年、道頓堀界隈を歩いた時、随分雰囲気が変わっているのに驚きました。街全体がテーマパークみたいな。

この界隈もそうゆう変化が起こって今の雰囲気が作られているのですね。
コチラでは、札幌のお隣の小樽の運河沿いが数年前からまさしくそんな感じです。

活気がある街づくりは大変喜ばしいことではありますが、何と言いますか,その場所ならではの昔ながらの本当に良いもの、街並やその風情みたいなものはドンドンと失われて行っていて、その様子を地元の人は淋しい思いで見つめているのも確かなんですよね。
”一見さん”である旅行者には、そういう時の流れは見えていない
ですから…

そういうことも頭の隅に置きつつ、今後も私は、私の身の回りの誰の目にも止まらない、いつ無くなってもおかしくないような日常のヘンテコリンを撮り続けていこうと思います。(笑)

| kakako | 2007/08/20 5:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック