■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 防護壁アートの暴走 | main | りんだ家より夏の使者来たる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お花紙の花みたいなホリホック
幼稚園のお誕生会とか、小学校の卒業式とか、セレモニーによく作られるお花紙の花は、華やかさと貧乏臭さが渾然一体となったモノ哀しい存在で、私はあまり好きではないのだが、それにそっくりな八重咲きのタチアオイ(ホリホック)が道端に咲いていた。




コンナ花が実在するなら、アレももう少し好きになってあげようと思う。
| 『植物との対話』 | 17:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:36 | - | - |
コメント
うゎあ!ほんとにそ〜っくり!!
わたしはあの花、けっこう好きでしたヨ。
紙からお花ができるの、単純に感動したんです。カワイカッタンダナァ。
| ピヨ。 | 2007/07/29 9:51 AM |
ホントですか〜。
あの花ってポンポンって呼んでましたけど、
お花紙っていう紙を使うんですね。
よく町内の子供会で作った記憶がありますが
ティッシュペーパーだと思い込んでました。。笑
で、不器用だったので上手く作れませんでした。
真ん中の輪ゴムの部分からどうしてもパッカリとお花が割れちゃってねー(笑)
こんな、唐突な感じに咲いてるなんて信じ難い。
| ino | 2007/07/29 3:06 PM |
■ピヨ。サン
色といい、花びらの混み方といい、見事なソックリさんでしょ〜♪

私も小さい頃、う〜ん、小学校低学年位までかなぁ…
ピンク色もあのお花も好きだったんだけど、成長過程でどこかの配線が替わっちゃたのね、きっと☆

そういうものを好きなままで大きくなれた人は、ピヨ。サンみたいに可愛い女の子になれて、配線が替わっちゃった人は、私みたいなヘンテコリーナになっちゃうのかも〜と思ったり。(爆)
| kakako | 2007/07/30 9:04 AM |
■inoサン
>あの花ってポンポンって呼んでましたけど

あーっ、記憶の彼方から甦って来たーっ!!
『ボンボン』、確かにそう呼ばれていた〜〜っ(爆)

>ティッシュペーパーだと思い込んでました。。笑

花は「ボンボン」と呼びながらも、素材は「ティッシュペーパー」と
呼んでいましたか !? 私は『ちり紙』か『はな(鼻)紙』ですが、
時代の違いでしょうか?(笑)

で、『お花紙』という正式名称(?)と『はな紙』がカブるし、実際”ボンボン”もちり紙で作ることが多かった(だから白の数が多い)から、どうも私の中でアレは貧乏臭さが付きまとう存在なんでしょうねェ。

>真ん中の輪ゴムの部分からどうしてもパッカリとお花が割れちゃってねー(笑)

そうそう! 
一枚ずつ根元からキレイに起こそうとしているうちにビリッ☆とね。
あの瞬間の悲しさったらナイっス。

>こんな、唐突な感じに咲いてるなんて信じ難い。

一重のタチアオイは良く見るけれど、コレは初めて見ました。
ピンクだけじゃなく、黄色とか別の色もあるみたい。
カラフルに並んでいたら、ますますボンボンっぽいかもネ!
| kakako | 2007/07/30 9:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック