■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< ダブルゲットだーっ | main | 一緒に寝なさい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
らーめん★サッポロ 赤星
いつか食べてみようと思っていた狸小路8丁目の『らーめん★サッポロ 赤星』に行って来た。

9丁目にある『三角山五衛門ラーメン』の斜め向かいで、両店とも札幌では珍しく、一杯500円という良心的な値段設定ゆえ、否応なくライバル店として比較されているに違いない。

名前の『赤星』は北海道開拓のシンボルマーク(時計台や赤レンガにも付いているお馴染みのアレ)が由来らしく、扱っているビールは、赤星がトレードマークの懐かしの「サッポロラガー」というニクさ。

看板にサッポロ〜と掲げているクセに、味噌味はなく、醤油と塩の2種類。
家族4人共、なぜか醤油を注文してしまった。(これはイタい判断ミス)

スープは鶏ガラの白湯タイプで、見た目よりあっさりしている。

人気なのは「あさりダシ」の塩味の方らしい。醤油は「鯖と鰹ダシ」で、基本は和風あじ。

しかーし、私は気付いてしまった!
スープをとる時の野菜にセロリを加えているゾ。見てないけど。

ヘンテコ道流に言えば、
『今まで黙っていたけど、私、実は留学経験があるのよ…』
と青春の思い出を告白した呉服屋の若女将。そんな味。(←言い切ったー!)

カウンターに『さばにんにく粉』なるものがあったので入れてみた。

そのままだとかなりあっさり味だが、コレを入れると香ばしさが加わって飽きのこない味になり、美味しいと思った。

どんぶりが深めで、思いのほか麺(自家製麺らしい)の量が多かったから、途中投入で味にアクセントをつけたのは正解だった。

煮干の魚ダシはあまり得意ではない私だが、五衛門のすっきりした鮭節ダシとも違う、ココの醤油味は『これはこれでアリだろう』という個性的な味---だと自分の中で結論付けた。
魚ダシの醤油ラーメンが好きの方には是非味わってもらいたい。
(でも正直言うと私は五衛門の醤油の方が好みだ。)

今度は塩味を食べてみたいと思う。



| 『食物探求隊』 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |
コメント
ん〜。
今日のランチは味噌らーめんでした。(ムッシムシなのにっ
五衛門サンの極、ご近所にそんな赤星があったなんて。
家族全員、醤油味をオーダーってなんかイイ光景じゃないですか。笑。

『さばにんにく粉』も気になりますね〜。
旭川らーめんといえば、魚ダシですが、アレは好みが別れますものね〜。
涼しくなったら、少数派に所属してしまうのか?
実験したいです〜。笑。
| ino | 2006/07/18 2:05 PM |
■inoサン
おっと、味噌ラーメンでしたか!
ウチはムッシムシなのに晩ゴハンはキムチ鍋でしたから☆

ワンコインラーメン愛好会副会長のinoサン(会長は勝手に私♪)には
まだ赤星情報は届いていませんでしたか?

「五衛門は意識していない』と言っているそうですが、んなわけナイだろっ☆って近さなんですよ。
そして五衛門の北向かいには、もはや伝説と化した喫茶『声』でしょ。
狸小路の外れのkakakoトライアングル地帯ですからっ。

inoサンは魚ダシ好き派ですか?
私は煮干しちゃんがあんまし得意じゃないんですよ〜。
涼しくなってもならなくっても、次回はぜひinoサンを
トライアングル内に惹き込ませて頂きますわ!

| kakako | 2006/07/18 11:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック