■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< マロニエ並木 | main | 北海道神宮例祭レポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
そろそろ覚えてクレマチス
昨日学校から帰って来た息子その2が『道に落ちていたから拾って来たよ。』と手に持っていた花。
水切りして小さなグラスに挿しておいたら元気になった。

毎年初夏にこの花を見ると、頭にまだ見たこともない『沈丁花』という言葉が浮かぶんだけど、調べてみたら全然違って、本当は『クレマチス』だった。失敬、失敬。

| 『植物との対話』 | 10:57 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:57 | - | - |
コメント
ぶふっぜんぜんちがーう。
東京はもう沈丁花、終わりました。
花の裏がピンクのと白いのとあるんですよ。
紫が気になるわたしにグッときました、このお写真。
かわらずすてきな息子さんですね!!
| ピヨ。 | 2006/06/14 11:31 AM |
クレマチスを見ると
亡くなったおばあちゃんの事を思い出すんです…。

いつになくおセンチでしょ。
| リエ | 2006/06/14 7:51 PM |
歌詞に出て来たりする沈丁花。
私の中ではこんなイメージだったんです。
ナ〜ンで見ないのかなぁと思って調べてみたら、やっぱり
北海道にはないそうなんですよ。

かわりにあるのがこの黄色の『ナニワズ』(別名:エゾナツボウズ、
エゾオニシバリ)↓で、
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~yakusou/hoppoukei/naniwazu.htm
これは実家の庭にもありました。
衣替えの頃に咲くので、この花の香りはワクワクを運んで来る…そんな印象が残っています。

息子、相変わらず拾いグセがあるようで。(笑)
| kakako | 2006/06/15 9:28 AM |
■リエサン
きっとお婆様も好きなお花だったんでしょうね…

大輪で華やかだけと上品で優雅なクレマチス。
しっとりとした素敵な花ですよね。
| kakako | 2006/06/15 9:35 AM |
クレマチスってテッセンと「だいたい」同じですよね。
何故かは知らないのですが、父が庭でひっそり育てていました。お父さんのテッセンです。
なーんて書くと何か意味ありげですが、自営の仕事をほとんど辞めたときに母だったかだれかが、父に庭に趣味でもいかがと言う感じでプレゼントしたものだったりして。
| りんだ | 2006/06/19 9:33 PM |
■りんだサン
しばらくです!お元気ですか?
梅の季節になりましたが、実家のお母様は今年も沢山梅干し漬けられるのかしら?

テッセンってこれ↓ですか?
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tessen.html
ちょっと小ぶりで控えめな感じが可愛いですね。
名前の由来も面白いなぁ。
退職祝いに庭用のお花をプレゼント…って、花束とはまた違った素敵なエピソードね。
| kakako | 2006/06/20 4:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック