■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 『谷中迷路観察』もしかして風情編 | main | 突いたり編 &メイキング情報 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『谷中迷路観察』食べ物編
■その1 愛玉子■


ココが噂の『愛玉子(オーギョーチィ)』

原料もサンプルもオソロシゲですが、フロンティアスピリッツに溢れた
勇気ある隊員ばかりなので、入店してしまいます。


まるで美味しそうに撮れてしまいました。
プレーン(レモンシロップ味)は400円。
完食は努力が必要。
で、コイツ意外とモタレます。


ボンヤリした気のイイおじちゃんとキビシーおばちゃんの店。
お色気娘の上に愛玉子のポップを貼らなければならなかった
ノボル(店主)の悲哀に合掌…



■その2 薬膳カレーじねんじょ■


3時間半にわたる狩猟で、皆オツカレ&ペコペコに。
(私だけは”ぬけがけメンチ”でゲンキっ☆ がはっ)


ラフテー(豚角煮)カレー with 疲労回復トッピング
(山芋と黒すり胡麻:無料)
薬膳とは言いつつもクセの強さなどは無く、量もタップリで、
食後の薬草茶も美味しかったです。


※ ピヨ。サンの*Suger Suger Honey*でも、
  この時の模様がレポートされていますので
  あわせてご覧下さい。
     ↓
愛玉子で腹ごしらえ
愛玉子、もちょっと詳しく。
薬膳カレーを食す
| 非日常『私が見た東京のカタチ』 | 10:26 | comments(17) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 10:26 | - | - |
コメント
ちは♪ご無沙汰してます。東京行ってきたんですね。それはそうとこの愛玉子、東京の食の中で僕もとても気になっていたものの一つです。おいしかったですか?と聞こうと思っていたのですが完食には要努力ですか。しかもモタレる・・・。
チーワイン、チーブランデー、ホットワイン・・・他にも不思議なメニューのあるお店なんですね♪
| 竹中アシュ | 2005/11/13 9:34 AM |
●竹アサン、
こんにちは☆ こちらこそご無沙汰しておりましてスミマセンッ!
先週末、りんだサンのところにご厄介になりまして、2泊3日の非日常的ヘンテコ道生活を経験させて頂き、現在自己満足モード全開のネタを更新中!というところです。

愛玉子、ご存知だったのですね!
チー自体は寒天とナタ・デ・ココの中間くらいの口当たりで、味は無いものなので、”味つけ”の方が大事なようです。(レモンシロップはどうも…)

透明のプルプルのクセにカロリーはご飯並みにあるそうで、それがモタレるというか、腹持ちがイイ理由みたいですヨ。
チーブランデー、注文する人ってどんな人なんでしょう?
下町の裕次郎ってカンジの人でしょうか?(笑)
| kakako | 2005/11/13 3:44 PM |
愛玉子。とても美味しそうに見えます(笑)
店主は日本の方なのかしら?
| ino | 2005/11/13 11:56 PM |
●inoサン、
食べる直前映像なので、私の期待感も写り込んだキラっと輝く
ウマソー写真に仕上がったようです。
もう二度と食べることはナイと思うので、一生の記念となった一枚です。(笑)

店主は日本の方よ、なんたって「ノボル」ですから☆(映像4に注目!)
オーギョーチィ作りのワザは、香港だったかしら?現地の職人さんに直接伝授してもらったそうですヨ。
| kakako | 2005/11/14 8:50 AM |
次々更新される写真、さんざん楽しませてもらってます!

私も東京にいた頃は谷中周辺が大好きで良く行ってました。
kakakoさんの視点がもの凄くツボでやられてます。

愛玉子!懐かしい!(ちょっと温いんですよね…)
おばあちゃんはお元気でしたか?!
髪に刺身に付いて来るプラスチックの花 刺してませんでしたか〜?
| shimi | 2005/11/14 10:05 AM |
オ〜、香港で伝授されたのですか。
なんだか、アジアっぽいというか、
香港の、亀ゼリーにとても似ていると思ったので・・
| ino | 2005/11/14 10:30 AM |
●shimiサン、
果てしない自己満足の谷中シリーズ、楽しんで頂けたようで
大変ウレシイです!
shimiサンは何度も谷中に足を運ばれていたのですネ。
それもそうか…まち全体が風情や昭和臭やに充ち満ちたところ
ですものね。

>髪に刺身に付いて来るプラスチックの花 刺してませんでしたか〜?

えっ、 あのオバちゃん、そんなシャレっけがあるオンナだったんですかっ!?(笑)
7人で入店して(もちろん貸切状態)店内を観察&撮影していたら、
『店の中でそんなに撮らないでよッ!』って叱られてしまい、あと心無い
言葉も浴び去られたので、残念ながら良い印象は残っておりませんの…

| kakako | 2005/11/14 1:28 PM |
●inoサン、
ゴメンなさい!台湾でした…(爆)
こんなテキトー人間だから、私って。
フィーフィーちゃんに叱られちゃうワ☆

http://www.feifei.jp/

亀はジャッキーの香港でイイのね。
今後のために覚えておくワ。
| kakako | 2005/11/14 1:34 PM |
ええ、もう移住する勢いで谷中には行ってましたが
不動産屋で嫌な思いをし、叶いませんでした…。(まだ若かったワシ)

愛玉子、着物着たおばあちゃんじゃなかったですか?
メニュー見たら結構ナマイキな値段してましたね…。


| shimi | 2005/11/14 5:59 PM |
●shimiサン、
まぁ、shimiサンがそんなに谷中にホレ込んでいらしたとは!
あの辺はどうなんでしょう、あまり他所の人を受け入れないような雰囲気があるのでしょうかねぇ。。

愛玉子のおばちゃんは、”おばあちゃん”という程の枯れブリではなく、チャキチャキっとした喋り方の洋服姿の人でしたよ。
代替わりがあったのかしら?

はい、値段はなかなかどうして一流っけ出してヤがりました。(笑)
| kakako | 2005/11/14 9:20 PM |
■kakako-san
>あと心無い言葉も浴び去られたので、

それは気づきませんでした...orz

こういうこというと問題発言かもしれず、また谷中とは直接関係ないんですが、うちの近所の行きつけの床屋のマスター(おいらの5つ上、夫婦で切り盛り)が「あの辺は他所者は住みづらい」という話をしてくれました。
マスターは徳之島から上京して最初に床屋修業したのが、谷中と反対側(JR)の三ノ輪の辺り。そこではまさに下人の扱いで、3年上の先輩ですらハサミも触らせてもらえず、2日に1度銭湯に行けば、ご主人の親父さんはじめ近所のジイサマ達がズラリと並び、背中を洗わされたそうです。そんな毎日に耐えかねて1年で喧嘩して飛び出し、こっちの方(大田区・京浜地区)に逃げてきたんですが、こっちの床屋の住み込みは信じられないほど天国だったそうです(社長の家の冷蔵庫は食べ放題とか)
「たまたま入ったところが酷かったんでは?」と突っ込むと「いや、そうじゃないのよ実際」と。
それが証拠にあっちではホームレスな人が異常に多いとか、目の前でいざこざがあってビール瓶で頭叩いて血を流していても地の人は黙って通り過ぎたりとか、台東区の人口は年々減っているとか・・・

この話を聞いて、チャキチャキの江戸っ子というのは人情に厚いけど、他所者には案外冷たいのかなぁ、と思ったりしました。
我々大田区京浜人は、江戸といえどもニセモノの江戸っ子なので、そーいったことはないなぁ、と。
マスターはとにかく人が好きで、店内は漫画やゲームがワンサカとあって子供達の集会場と化しているし(髪切らないのに集まっている)、ひっきりなしにご近所さん(地の人)が来ては、煮物やらナンやら置いていきます。商売は二の次というポリシーなので(まずはコーヒーを飲めと言っていつまでも仕事しない)、生活は厳しくても「ここの人達はみんな優しい」と、毎日楽しくやっています。

う〜ん、やっぱり問題発言だなぁ・・・(削除してもらったほうがいいかな)
| McCOCK | 2005/11/15 1:02 AM |
●McCOCKサン
>それは気づきませんでした...orz

奥の席に座っていらしたからご存知なかったでしょう。
私が直接言われたのではありませんでしたが、メンバーの方に辛い思いをさせてしまったことは、私にとっても悲しく、申し訳ない思いがしました。

ご近所の床屋さんのお話、大田区バーバーシリーズの時に伺ったことがありましたっけ。。

今回の東京下町散策で道産子の私が感じたのは、良いにつけ悪しきにつけ、外からの文化を受け入れない江戸っ子のプライド高さが、あの町並みを作り、保持させているんだなぁということです。

文化のレベルではなく個人的な見解からすると、私は屁のツッパリみたいな人間のプライドは大キライなので、人の優しさとは…、真に大切にすべき文化とは…ということを思い巡らす良い機会となりました。
(それがヘンテコ道に全く反映されないのはナンデナンダッ!爆)
| kakako | 2005/11/15 9:10 AM |
あ、今気づいたんですが、
>浴び去られた
って間違えてるトコ拾われてるし…orz
| kakako | 2005/11/15 9:15 AM |
上のMcCOCKさんのコメント、すごくうなづけちゃいました!!
谷中銀座でも、地元の人が通りかかったらたとえ遠くても大声で声をかけるのに、目の前にいる観光客はあうとおぶがんちゅー。
それを間近で見て「なんか感じ悪いなぁ」と思い、きっとここに引っ越してきてもジモティ扱い受けるには相当の年月がいるにちがいということが想像にかたくなかったです。
途中からではすごーく住みづらそうだなぁと思いました。

>心無い言葉
って、あれですかねやっぱり。
内容はともかく、言い方がねぇ、すごくいやな感じでしたよね。
ものすごく悪意を感じました。

あの人はおばあちゃんって感じじゃなかったから、娘か嫁なのでは?と思います。

…って時がたって思い返すだにやっぱり感じ悪いというか、ますますいやな感じ!!って思うので、私はもう忘れます!!
全体的にはすごく楽しかったモノ☆
| ピヨ。 | 2005/11/15 6:44 PM |
●ピヨ。サン、
同じ東京でもその地域ごとに持っている雰囲気が全然違うものなんですね。

私もこのオバちゃんがこの地区の典型的な人だとは思いたくないんですけれど、あまりにあからさまに人を傷つける言葉だっただけに、客商売をする者としてその発言は、間違ったこだわりから来る、言ってはいけない言葉だよなぁと、批判的な気持ちにならざるを得なかったです。

そう!ココだけに着目するとイヤ〜な気持ちになっちゃいますけど、みんなと一緒に歩いた谷中はとても楽しかったですね。
逆に仲間の温かい気持ちが嬉しく、ありがたく思えました☆
| kakako | 2005/11/15 10:26 PM |
うむ〜ではやはり愛玉子のおばあさまは…。
あの時で相当のお年の様だったから。残念です。

谷中は、下町の風情がステキで惚れ込んでいたのですが
不動産屋で もの凄く邪険な扱いをされてから
すっかり意気消沈ギミだったのです。
やはりよそ者は受け入れがたい気質があるのですね…。残念。
kakakoさんの言うとおり、だから今もなお文化が保たれている
って事も言えるのですよね。

でも良い街なんだよな〜。
| shimi | 2005/11/16 5:07 PM |
●shimiサン、
そういう「名物おばあちゃま」みたいな人も含めて其処の文化であり、
風情ですからね…一朝一夕には作り上げられないものですよねぇ。

あぁ、やはり不動産屋さんでもキビシい対応でしたか…
我ら道産子はそう言う思いってあんまりしたことがナイじゃないですか。
”ナンでもカモ〜ン☆”が常識ですから。(笑)
そんな節操の無い、ガードの甘い田舎モノ加減が、彼らには嘲笑の対象なのかもしれませんけれど、私は生き方としてはゼーンゼンこっちの方が好きです。
| kakako | 2005/11/17 10:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「愛玉子」 (オーギョーチー) Little Asia 台湾風デザート
【Before】 Love egg?「愛玉子」というネーミングに魅せられた。 中国語で、オーギョーチーと読む。 台湾で人気のもっちりした食感が特徴の愛玉子ゼリーとレモン風味のジュレを合わせた台湾風デザートだ。 おっ玉げる味か?【After】 レモンとグレープフルーツの
| どんな味かな。Before After | 2008/01/12 8:55 PM |