■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 5才若く! | main | 苦痛コレクション 40・41・42・43・44・45 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サギ師の一生
アッキー貼紙との衝撃的な出会いは2004年夏のグリーンバージョン
それからデザイン的に脂の乗った2006年のオレンジポスター
オレンジステッカーの2バージョン。
2007年には落ち着いたイエローバージョン
最後の目撃が昨年、経年劣化したのホワイトバージョン(製作は2006年らしい)だった。

--------------------------------------------------------------------------

『ヘンテコ道らしいネタは?』と聞かれたら、アッキーシリーズは
確実にトップ5には入れると思う。

いつどこで出逢えるか分からない神出鬼没の貼紙。
年単位のバージョンアップによってもたらされる新情報。
そして何よりフカシギな貼紙制作者の意図。

『知りたくないけど知りたい。知りたいけど知りたくない。』

私にとってはどんなアート作品よりアートだった。

しかしだ。
この貼紙によるとアッキーは雲隠れどころか、もうこの世の人ではないらしい。
それも平成19年(イエローバージョンの頃)には既に…。

                                           < 全文はコチラ(flickr)で読めます。>

糾弾を続けてきた制作者渾身の最後の貼紙は、最も大きく、最も詳細にアッキーの一生を綴った死亡通知だった。

どんな被害に遭い、どれほどの恨みがあったのかは分からないが、突如訪れた追跡&糾弾生活の終焉を受けとめるには、やはりここまでしなければ気持ちの整理がつけられなかったのだろうと推測する。

-----------------------------------------------------------------------------------

『はらわたが煮えくり返るほど延々と人を怨み続けるということはどういうことだろう?それは恋い焦がれる熱情に近いのではないか?』…などなど、今まで色々考えさせてもらいました。

ウサマがモチーフのステッカーも貼られているのがナントモ。
心の中で手を合わせ、1人追悼式をしてきました。

私自身、看板娘〜ズとお別れした以来の喪失感です。
制作者サマが心穏やかに生活されていますように。
そしてさようなら、アッキー。

| 『御近所礼讃』 | 06:00 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:00 | - | - |
コメント
これまた強烈なエンディング・・・。

なんだか激動の昭和史を思わせる張り紙物語でございました。(^_^;)
| マフマフ | 2011/05/24 8:17 PM |
■マフマフサン

顔写真がナゼか網点処理なんですよね。
ウィークエンダーの三面記事(ご存知ですか?若者はワカンナイからヤダわ〜。爆)みたいなイカガワシさでしょう。(合掌)
| kakako | 2011/05/25 9:09 AM |
我々のアッキーがもうこの世のものじゃないなんて..。
最後はちょうど1年前だったんですね。
コメントみたら、「アッキーしぶとい」とか私書いてるけど
そうでもなかったんですね。

衝撃的な事実が語られてますね。
家族みんな詐欺師って。。笑
アッキーは林昭男顔だよな〜。
船場顔じゃない気がする。。

しかし、詐欺師の人生ってどんななんだろう。
心穏やかに暮らせる日なんてないんだろうな。
でも、アッキーみたいなのは詐欺が仕事だから
普通に笑ったり、居眠りしたりして暮らしていたんですかね。
| ino | 2011/05/28 2:00 AM |
■inoサン

ヘンテコ道のレギュラーと言えなくもないアッキーとこんな形でお別れすることになろうとは思ってもみなかったです。。。

最終回のアッキーの一生、読みごたえがありましたね。
しかし、詳細すぎるほど詳細な部分と、一番下の方の「強力請求」の見出しの”ある強い人” ”とっちめて” などの雑な部分があるのがワタクシ的にタマラナかったです(笑)

サギ、ニセ、ダミー、だまし、もぐり…いろんな言葉があるものですね。
サギ一家って…。
どういう暮らしぶりで、どういう心情だったのか掴みきれませんが、「競馬場に出没」とか書かれていたことがあったから、どういう立場になってもギャンブルは止められなかったんでしょうね。
平成14年 女子出生…ですって。 ん〜〜〜
| kakako | 2011/05/28 9:50 PM |
人の一生ってなんだろうね?
生まれた環境や育った環境、遺伝

みんな公平じゃないし、善悪も各々で違うんだろうし

世の中ってなんだろうね。

今年は、悲しい事が見えすぎちゃうね

| tama | 2011/06/01 11:20 PM |
■tamaサン

そうだよね。
人は親も環境も国も選んで生まれてきたわけじゃないから、
生まれ落ちたその条件で、まずは生きて行くしかないんだよね。

自分の努力でなんとか…とか、自分の選択なんだから自己責任…とか
いろいろ考え方はあるけど、それでもなお納得のいかないものがあるナァ。

アッキーは自分の家族のこと「サギ一家」とは思っていなかっただろうな。

ここ最近子供のトラブルがありましてね、『自分にとっての普通が、他人にとっては全然普通じゃないんだなぁ〜』ってことを実感しましたよ…(笑)
| kakako | 2011/06/04 8:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック