■コメントゴッツァンデス■
     
■ sabumekko カタログ ■
www.flickr.com
hentekodo's sabumekko photoset hentekodo's sabumekko photoset
          
■月別過去ネタ■
         
     
           
<< 2月11-12日 東京 | main | 2月16日 東京 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2月12日 東京(つづき)
■ 2月12日(続き)
太郎記念館を出て、真向かいにソメスサドル(本社:北海道歌志内市)
があるのにビックリした後、欲張って、このそばでもう1軒寄り道する
ことにしました。
前日が建国記念日だったからか、表参道は等間隔に日の丸がはためいて、
華やかながら厳かな雰囲気。

ありました、ありました、ギャラリー・ドゥ・ディマンシュ

ジュウ・ドゥ・ポゥムが運営しているギャラリーショップで、機会があれば
是非行ってみたいと思っていたのと、ちょうどこの期間、少し前に地元での
展示会を見逃して残念に思っていたムムリクスオミさんの東京での展示会
こちらでひらかれているという情報を得たので、これは一石二鳥☆と潜入して
みることに。

 
オープン間もなくだったのでムムリクさんはまだ在廊されておらず、
20年くらい振りにお会いすることは叶わなかったけれど、カラフルで
楽しいバッグを拝見し、札幌の方がこうして頑張っていらっしゃる
様子を見て、凄く嬉しく、元気が出ました☆

展示コーナーもショップの方も夢のように素敵。(ぽわわ〜ん)

で、でもイカン!こんな時間じゃないか!
優雅に青山でランチ…とか全然ムリじゃん!
それにここまで来て何にも買わないんかいーっ(爆)


さてさて、寄り道ばっかりでなかなかメインの話題に入れませんでしたが、
11-12日の旅の一番の目的は日本民藝館で開催されていた
「日本の古人形」展でのワークショップ、琉球張子絵付け体験に参加
することだったのでした。

東大駒場駅から民藝館までは5分、いや10分近く歩きます。
遅れそうでパニックになりながら、小雨の中急ぎ足で「あ、東大!」
と撮ったショット。このとき何を考えていたんでしょうか。

ブレまくってますが豊永盛人センセイです。
3年前息子その2がシーサーの絵付け体験で教えていただいた方であります。

会場は、普段は公開されていない「西館」というところでありまして、
柳宗悦の邸宅だったその一室なのですよ。
(もし絵の具とかブチまけてしまったら…… 怖ッ!)

お手本と絵付け前の真っ白のもの。

先生は簡単そうに一筆で良い線をスッスッと入れていかれますが、
自分で描いてみると、思うような線が描けません。

ことに顔は難しく、ア〜アな出来でございましたがしょうがないです。
心の迷いが線の迷い。。。

筆洗器を一緒に使った向かいの男性は、三線のかわりに大根を抱えた青い衣の人に仕上げていましたよ。この方、ちょうどその時期に豊永さんの展示会を同時開催していたchahat(逗子店)サンのご店主さんでした。(大根なのは、東京農大のご出身だからだそう。笑)

集中し過ぎて頭がガンガンしてきました。お昼も食べてないからお腹も空いたー。

完成した後、サーターアンダギー(右)とタンナファクルー(左:玉那覇さんが作った黒いお菓子…って名前なんだそう)とお茶をいただきながら、自己紹介や感想を語り合う、和気あいあいの楽しい時間がありました。

そして、タンカンと玩具ロードワークスさんオリジナル「沖縄ドライブ双六」
をお土産にいただきました☆ ひぃ〜、ウレシ過ぎー!

コマの車やバスは陶器製です。

体験のあと本館の方に移り、人形展と常設展を見ました。
ワサワサとせわしなく動きまわっていた時間軸から別次元にスコンと落ちた
みたいに、素朴で力強い民藝の世界観に魅了されるばかりのうっとりする
貴重なひとときでした。またゆっくり鑑賞しに行きたいです。

帰りにミュージアムショップで豊永先生のお雛様(起き上がりこぼし)を購入。やっぱりセンセイの線は違うなぁ!

-------------------------------------------------------------------------------
このあと急いで息子と落ち合うために空港に向かわなければならなかった
のですが、来た道と逆に歩いて代々木上原方向に行ってしまい、高級住宅街
の中で迷子になってアセりました。
「2億、いや3億くらいかしらねぇ…」とか考えながら、豪邸のお庭に八朔が
ブラブラ実ってたのに見とれていたからです。。。(笑)

| 非日常『2月 札幌-東京一泊二日3往復』 | 11:42 | comments(10) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - |
コメント
2億、いや3億!!
受けた受けたー☆

民芸館素敵っす。
いつか、行ってみたいなぁ。
作品も、とっても可愛いね。

やっぱり、こういう手のぬくもりを感じられる雑貨って良いよね。
つくづく思う。
| tama | 2011/05/16 4:33 AM |
■tamaサン

自分に関係ナイ桁なんでテキトーだったんだけど、
案外相場つかんでたみたいっス☆(笑)

https://suumo.jp:443/jj/bukken/shosai/JJ012FD010/?ar=030&bs=021&nc=66983263

民藝のメッカ、松本のご出身だものね〜、tamaサンは。
柳邸、素晴らしかったよー。全然違う時間が流れてる感じ。
展示品もすごく見応えあったし、ミュージアムショップの物も
全部欲しくなっちゃった(笑)

手仕事は何でも奥深いよね。
出来上がり品を見るだけでなく製作の過程まで知ると、
より一層愛着が湧くものですね。
| kakako | 2011/05/16 8:56 AM |
駒場東大前 2億7200万円!!

やっぱり大受け☆
億って凄い。ただただ笑うしか無いわー
庶民からは想像がつかないウケの世界☆
| tama | 2011/05/18 10:47 PM |
■ tamaサン

ニアピン賞、来てたでしょう〜(笑)
東京歩いてると、不動産の貼紙や看板の数字の桁が多くてオモシロイよね。
どういう人が買ってるのかなぁ。東電幹部のヒトとか???
タマラナイよね〜、そういうのって(爆)
| kakako | 2011/05/18 11:11 PM |
琉球張子、いいですね。
嫁の誕生日プレゼントにと思ったんだけど、通販サイトでは売り切れでした。残念。
| LSTY | 2011/05/27 3:53 PM |
■LSTYサン

おひさしぶりーっス!
あらっ、贈り物候補はドレだったのでしょうか?

豊永センセイのお店で、何年待ってもいっこうに通販できるようになる気配のない『玩具ロードワークス』さんサイト↓
http://toy-roadworks.com/
ですが、直接お問い合わせして、在庫があれば郵送してくれるような気がします。

もしご希望のものが私と同じお雛様で、上記の手を尽くしても入手できなければ、他でもないLSTYサンのお嫁サマのためでしたら、私のをお譲りしても結構ですわよ。遠慮なさらずおっしゃって!
| kakako | 2011/05/27 10:10 PM |
東電幹部のヒト(笑)

ギャラリー・ドゥ・ディマンシュさん覗いてみたーい。
ナタリー・レテさんの猫さんが私好みだわ。
でも、絵が8万ですって…。
ポストカードなら私にも買えそう♪

日本民藝館も行きたいしで何だか苦しいー。
豊永先生、まるで張り子のようなキレイな頭の形されてますな(笑)
お土産に沖縄ドライブ双六を頂けただけで、参加した価値がありますね☆

しかし、大根踊り魂、恐るべし(笑)

| ino | 2011/05/27 10:35 PM |
ありがとうございます。
豊永さんの作品、通販で入手できました。宮古島から何日かかるか不明ですが。
しかし張子っていうのは、沖縄にあったんですかね。ヤマトゥからの輸入なのか、絵柄も本土っぽいなあ、と思うんですが。
| LSTY | 2011/05/28 7:57 AM |
■ inoサン

本家観光堂サマは、まだ春をお迎えになっていないようですのに、ヘンテコ道の脳内開花宣言にお付き合い頂きまして(それも連続で!笑)恐縮するばかりです…夜中に相当精気を吸い取られたことでしょう。スミマセン…
でも…お待ちしておりましたっ☆

そう。いるかもですよ、OBの人とか(笑)

ドゥ・ディマンシュさん、素敵でしたよー♪
レテさんって動物モチーフが多くてカワイイですよね〜。
私がよくうかがう魔女卵サンでレテさんモノ、沢山扱っていますよ。
今度一緒に行きましょう〜☆

民藝館、松本にもあるんですよね?
民藝はハマるとキケンですわネェ〜〜。

センセイ、若干ミルク神入ってますよね?(笑)
http://skylark.jugem.jp/?eid=684
自分の絵付けの出来はともかく、ドライブ双六も嬉しかったし、旧柳邸で沖縄菓子とお茶でまったりした時間を過ごせるなんて、夢のようでした。。。

『雀百まで踊り忘れず』という諺がありますけど、『東京農大生百まで大根踊り忘れず』ですわよね(笑)
| kakako | 2011/05/28 1:59 PM |
■LSTYサン

それはようございました〜!奥サマお喜びになるでしょうネ。
宮古なら「叶コレクション」さんですね、きっと。
私もそちらで2、3点買ったことがあります。

干支とか鯉に掴まった子供とかって大和らしいモチーフって私も思ってましたけど、そもそもこれらも多分中国から来たものですものね。
でも色のチョイスがスゴいです。干支の申なんか特に。

「ミルク神」っていうのは弥勒菩薩から来てるんですって。
あと「チンチン馬」はチャグチャグ馬コ(岩手)に似てるし。
やっぱり影響は受けているのでしょうね。
| kakako | 2011/05/28 2:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://skylark.jugem.jp/trackback/1010
トラックバック